nico

記事一覧(87)

あと少なくとも30年

引越後に痛みはじめた右側臀部の神経痛。坐骨神経痛の再発だと思って、だましだまし過ごしていましたが、股関節の動きもあやしくなり、しゃがむことが出来なくなったり、歩行中に右脚が上がらなくなり立ち止まってしまうことが頻繁に起きるようになりました。就寝中に痛みで呻くことも度々で、隣の布団で眠る主人への安眠妨害も続き、これはマズイナと感じ始め、手っ取り早く痛み除去のためブロック注射をしてもらいました。念のためレントゲンを撮っていただきましたが、背骨の歪みは許容範囲内で椎間板はさほど悪くない、との先生のお見立てに一安心。ただ、それならこの神経痛は何が原因?との疑問は残りましたが、まぁ今はそれは置いておいて。初めてのコトが好きな私は、初めてのブロック注射に興味津々!注射の痛みもなく、処置後10分ほどベッドで横になり休みましたが、声を掛けられ起きかけようとして、体が思うように動かない初めての感覚に驚きました。頭は眠くもなくクリアーなのに、脚に力が入らないこの感覚。平行感覚がとれているつもりなのに、歩こうとすると真っ直ぐ進まず、グラリと倒れそうになる。心配だからあと30分ほど休んで行くように言われ横になった私の頭の中は、今さっきのあのホワーンとした感じたことのない感覚に興奮していました。ちょっとクセになりそうな。危ないwその後、ちゃんと休むとグラつきもなく、痛みも消えて、久しぶりにストレス無しで歩いて帰りました。が、悲しいかな、効力はあっさり1週間で消え、再び痛みとつきあう日々の始まり。そもそも根本療法ではないので覚悟はしていたけど、半月くらいは保てるんだろうと期待していたから残念感は大きかったです。岩盤浴、電気湯にあたる、サウナ(ただ自分が好きなだけ?)と試してみてもあまり改善はみられずウツウツと過ごした後、通い始めたのが整骨院。10年前にもカイロプラクティック、鍼灸院、整骨院と通いましたが、完治した喜びが得られなかったので、はなから選択肢に入っていなかったのですが、今回は信頼できる友に教えてもらった先生で、確かに違う!!まだ診ていただいて半月ですが、痛みの頻度が減り、やっと本調子に戻れそうな期待度が高まりまっています。そこで思い知ったのが、骨と筋を弱らせないためには、日々のセルフストレッチを欠かさないことが一番の予防策だということ。私は体を動かすことは嫌いではないので、走ったり、飛んだり、ついやりますが、ストレッチが嫌いなので、体はかたいし肉体疲労を解す習慣がありませんでした。だけど私はあと30年(約80歳)は自立歩行で過ごしたいと思っています。Clean eating(賢い食の選択)を実践しているので、内蔵系の病にも倒れないハズなので、もしかしたら100歳まで心臓は動き続ける可能性もあります。それならなるべく長く自分の脚で立ち、生活していたいでしょ!と、自分に言い聞かせ、ストレッチボールに乗って解すことを日課にします!!三日坊主なので、ここに宣言します。もし、よろしければたまに私にチェックかけてください ^ ^最後までお読みいただき、ありがとうございます。

感謝企画!!WOONIN WS @Kobe

R.A.W. Kobeのレッスンに参加いただいた方々へ、日ごろの感謝をこめて、喜んでいただけることを企画したい!と以前から考えていました。きっと皆さんが望まれるのは、関西ではなかなかお会いできる機会のない、WOONIN師匠に直接、質問などができるような会では?近しくお話できるような会を開催したいなと温め続け、思いきって相談させていただくと、その場で快諾してくださったWOONIN師匠。そうと決まったら、約半年後のその日、東京から神戸に飛んできてくださるWOONIN師匠と、参加される皆さんが満足して喜んでいただけるように、心して準備しなければ!WOONINさんの姿や声を目の当たりにした皆さんのキラキラのお顔を想像しただけで、もう私自身がニンマリしちゃいます。メッチャ楽しみーー!!会の内容やその他については、大先輩である盛岡のみゆきさんに、たくさんご教示いただきました。と、余裕な構えのハズが、あれよあれよと時は過ぎ、合間にまさかの引越しで、準備がピンチになりかけました。WOONINさん人気は高く、有り難いことですが増席して12人様という大人数は、私のキャパを越えています。加えて引越の後遺症で股関節がおかしくなって動けないクセに、大風呂敷を広げてしまった私。半泣きの私を、夫は厳しくも温かく見守ってくれました。「感謝の会なんやから、悔いの残らんようにやらんと。でもまずは自分が楽しまんとな!」と何度も励ましてくれ、前日は遅い帰宅にもかかわらず家具の配置を全てこなしてくれました。不安と緊張で迎えた当日でしたが、頼もしいお二人がサポートに入ってくださったお陰で、私もリラックスできて、会後半は皆さんと少しお話できる余裕がもてました。皆さんもWOONINさんのフレンドリーさに徐々に緊張がほぐれ、積極的に質問されたり、各々お写真を一緒に撮られたり、持参されたご著書にサインをいただいたり、笑顔と笑い声が絶えない私が願っていた通りのアットホームな雰囲気が流れていました。この会が無事に終えられたら、もしかしてまたWOONIN師匠にいらしていただけるカモ、と胸に秘めていたのですが、「来るなって言われても、来るよ!!」と、仰っていただけたくらいに楽しく盛り上がりました。う、嬉しい😃どうなることかと心配の方が上回る時もありましたが、一緒に過ごす皆さんとなら楽しくなる!と信じることにしていました。やり慣れないことでしたが、チャレンジしてよかったです。これからの私にとって、貴重な経験となりました。満ち足りた素晴らしい時間を、ありがとうございました。末筆ながら最後に、神戸行きを二つ返事で了承してくださったWOONIN師匠、ご参加の皆さま、細やかにご指導してくださった盛岡Rawfood School myucreを主宰の照井みゆきさん、何から何まで快くサポートしてくださった京都CHOICE のFROMAGEネージャー の堀江雅子さん、あ・うんの呼吸で動いてくれていたアシスタントのRieさん、晩御飯のオカズが少なくても文句も言わずに手伝ってくれた夫、いつも応援してくれている心友たち、関わってくださった全ての方々に、心から感謝申し上げます。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

気持ち新たに!

この度の台風21号と北海道胆振東部地震で被災されました皆様に慎んでお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。ご無沙汰しておりすみません。最後のブログを更新した少し前に、降って湧いたように引越しすることが決まり、てんやわんやの夏を過ごしました。同じ時期に主人の出張が頻繁に重なり、引越しの日取りも決まらぬまま、もしかして私一人だけで引越し?の不安を抱えながらでしたが、先月、無事に済みました。次の転勤に備えて開けないまま置いていた(別の言い方すれば、ほおっておいたままの)箱に積もったホコリの中での片付けでは、ハウスダストと段ボールパルプアレルギーで久しぶりに酷い湿疹が出ました。あの酷暑でしたし、暑いし痒いし散々でした。ふだんダラシナク過ごしていたことのツケですね。そもそも開けないままにして事足りてるんなら捨てるべきでは?を反芻しながら、整理に疲れると、つい懐かしい思い出に浸ったりと、一人じゃ一向にはかどらない片付け。SNS断ちして集中してみたものの、最後にはプロの手を借りました。その手早さには目を見張るばかり!!前日に4人の方に来ていただいて約6時間かかった箱詰め、私一人で間に合う訳なかったね。引越し後の片付けは、腰痛をおして張り切っています。なぜなら今週末に、なんとWOONIN師匠をお招きしてのWSを行うことになっているからです🎵既に参加者様も決まり、今は緊張感を持ちながら、でもウキウキと準備に励んでいます。WOONIN師匠、参加者様が喜んでいただけるように、出来る限りのおもてなしでお迎えしたいと思います。レポートを楽しみにしていてくださいね!お待たせしていましたコンブチャ(Kombucha)、ローチョコレートレッスンも、10月からこの新たな場所で再開させていただきます。スケジュールについては、もう暫くお待ちください。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

もう一つ没頭していたコト

あっという間に梅雨入りの季節。と、言うことは今年の半分が終わりつつあるんですね…。ビックリです!!今年前半の特に2月からは、プライベートがとても気忙しく、珍しく気持ちが落ちることが何度かありました。が、それもどうにか一区切りついたので、やっといつもの穏やかな日常がもどりつつあります。そんな中、3月から没頭していたもう1つのコトは運動、特にストレッチです。移動中に座骨神経痛が痛くて座っていられなくなったり、夜間睡眠中も痛さで目を覚ますようになり、これは早めになんとかしなくちゃと思いつつも、いつも痛い訳でもないので、騙しだましやり過ごしていたのですが…。徐々に、痛みの症状とは別に左片足で立つことが出来なくなっていて、階段を昇る時に左足に重心がかけられなくなっていました。続いて、走る時の「(地面に屈んでの)位置について」のポーズが取れないくらいに股関節が硬くて曲げられず、これはそろそろマズイぞ、と。下に落ちた物を拾う時に、ビビビっと激痛が走るのも辛かった。お尻も硬いのが原因かなあと素人判断。このままではわりと近い将来に、私は杖をつき始めることになる、と自分で感じていました。本当はジムでパーソナルトレーニングを受けたかったのですが、悠長に探したりする時間が取れず、知人に勧められてとりあえずストレッチ目的で近所のホットヨガに通うことにしました。ヨガについてはあまり知識も無く、ポーズを取れるようになりたい訳でもなく、ただただ家から近いということだけで選び、出来る限り週2回は通うことを課してみました。なぜホットヨガなのかは、未体験の初めてのことだったからです。運動は嫌いではないし、新しいコト・初めてのコトが大好物な私は、まだ寒い3月の朝でも意外にイヤにならずに通い続けました。先生方がいつも明るい笑顔で迎い入れてくださることにも、とても助けられました。そうして約3ヶ月が経過した今、気づけば私の座骨神経痛は出なくなり、階段昇降は左右対称に普通に出き、屈んで足の指の爪切り、左足片足立ちで靴下を履く、なんてことも楽々できるようになっています!おまけに、両手も高く広く上げられるようになり、捻れなかった腰も少しはまわるようになっています。稼働域が広がるって、なんて素敵なの!もちろん、まだ股関節は硬いので胡座が不格好ですし、他に自分の体の動きにくいパーツがわかったり、次々と新しい発見があるのも予想外の面白さでした。楽しいヨガレッスンの日の朝食は、ローチョコレートです。バナナとだったり、ブルーグリーンアルジーと一緒に摂ったり、血行促進し代謝を上げる効果のあるローチョコレートは、運動前にはピッタリなのです。欲を言えば、ダイエットも出来たらいいなぁと思っていて、自分の身体の観察にあともう少しヨガ通いに没頭しそうです。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

2018年6月神戸・7月那覇コンブチャレッスンのお知らせ

2ヶ月間に訪れた身体の変化

コンブチャ(紅茶キノコ)生活を始めて2ヶ月が経過した方から、こんな報告が有りました。「以前に比べて体が疲れにくくなったし、運動は嫌いだけど、ウォーキングしてみようという気持ちになって、2度ほど歩きました。この気持ちの変化が自分でも嬉しい」と。疲れにくくなった、便秘がなくなった、お肌が艶々してきたなどの体の変化も嬉しいことですが、気持ちが前向きになるのって、それ以上に気分が上がりますよね!!何かやってみよう、チャレンジしてみようというのは精神が若返りますし、新しいコトや未知の事は脳の大好物なので、相乗効果にもなります。実はこの方には、もう1つゲーム感覚で試してみてくださいと、お伝えしたことがあります。甘い誘惑ですが、その実、栄養はほとんど無く、体は冷やすし、麻薬の様に摂る量が増え、気づかぬ内に過剰摂取。この食材が一番に入っているものを避けるようにしてみてくださいね、というもの。一番に記載されているものが、その食品の中でのメインになりますから、それを摂らないようにしてみての体の変化に気付いて欲しかったのです。数年前の私も、同じでした。外出から帰宅すると疲れてドサッと椅子に座り込んじゃう。朝起きても、倦怠感でドンヨリ。さて、摂らないようにすればいいものはなんでしょう?来週のコンブチャレッスンで、お伝えします。まだお席がございますので、気になる方はぜひぜひお待ちしています。

没頭していたのは・・・

ローカカオにでした。1月~3月全5日間の行程で京都「Cacao ∞ Majic」さんにてローチョコレート ショコラティエ養成講座を受講し、2月下旬からほぼ一ヶ月、用事の無い日はローチョコレートを作りまくっていました。自分が作るローチョコレートはもちろん美味しくて、レッスンでも喜んでいただいています。ホワイトチョコレートやカラーチョコレートも作っていましたが、ちょっと疑問点があったのと、もう少し自分の技術が昇華出来れば素敵だなぁ、とこの機会にどっぷりローカカオの世界に浸かってみようと受講を決めました。講座最終には、受講生各自がオリジナルローチョコレートを作ります。カカオの産地・メーカーによる味の違い、甘味の種類を知れたことは大きな収穫でしたし、皆で学んで楽しかったのは、ローカカオへの想い、味やビジュアルの好み、目標などがそれぞれ違っていたことです。刺激を受け合えたと思います。例えば自分では使わない甘味や色や香料を、お互いの作品を試食することで試し合えたり、そこから影響を受けてまた自分の好みが変わっていったり、変わらなかったり。基本講座を終え、さて自分はどんなオリジナルを作ろうとあれこれ模索し、フッと浮かんだのは薔薇でした。ローズが香るローチョコレートを作ってみたい!!奇しくも、自分の中で女性ホルモン活性化を考える時でもあったので、スーパーフードのローカカオと薔薇のコンビは最強じゃない!と、考案は整いました。案はまとまったものの、技術はともなうのか?私の予想完成品は、薔薇色のガナッシュをビターチョコレートでカバー(包む)したもの。口に入れた瞬間はビターチョコレートが溶け、噛むとフワリと薔薇が香る、という二段構成。まずはガナッシュの材料は何にする?カシューナッツやピーナッツバター、タヒニもいいかな。色付に使うパウダーは?イチゴ、ラズベリー他にもいろいろ。甘味とローズoilの量なども少しずつ増やしたり、減らしたりの試行錯誤の繰り返し。困ったのが、味見のし過ぎで美味しいと感じる感覚がブレてくるのと、そんなにたくさん味見は出来ないということ。作ってみても食べられない、というジレンマ。結局、味が決まらず最終日のカンファレンスですみれさんにアドバイスをいただき作り始めることに。どうにか薔薇の香りと色のガナッシュは出来たものの、最後の要のカバーチョコレートのテンパリングとカバーは旨く行くのか?不安はつきませんでしたが、写真の通り、私の理想に近いローズの香りが漂うローチョコレートが出来ました!!なーんて、写真以外はカバーがうまく出来ずにちょっぴり不細工になりました。ですが、私的には大満足の出来です。Now of my Best!!修練を重ねて、もっと美味しく作れるよえになった暁には、皆さんにお口にしていただける日が来るかも。最後に、5日間を伴にした各地からの同期の皆さん。多くの刺激や学びをありがとう❤これからもよろしくね。惜しみ無く全てを教え伝授してくださった松田すみれさんには、敬意を込めて感謝の言葉をおくらせていただきます。カカオが香るあの空間での贅沢な5日間は、貴重な体験でした。ありがとうございます。これから改めて、私なりにもっともっと多くの人にローカカオの魅力を伝えていきます。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

振り返れば感謝の嵐

2月は私が初レッスンをさせていただいた月です。一年ごとに振り返り、反省や軌道修正、これからどうしていきたいかなど、自分に問いかけるタイミングの月でもあります。2年前、コンブチャ(紅茶キノコ)やスーパーフードの素晴らしさをお伝えしていきたいとの思いから始めさせていただきました。無名の私のレッスンなんて受講していただけるかしら?と不安はたくさん有りましたが、もともと知られていない私に失う物は何もないので開き直りも強かったでしょうか。ただ一つだけ自分に約束したことは「3年は続ける」でした。私が一番苦手な継続にチャレンジしてみたかったのです。意外に慎重で臆病、失敗するくらいなら事を起こさない、人にどう思われるかが気になり、自分を推してまでやりたいコトをやる私ではなかったので、人が変わったつもりになってやってみようと決めました。動機は、アラフィフになり母が亡くなった年齢まであと10年ちょっとしか無いことに気づくとボヤボヤしているとあっという間に時は過ぎ、このままでは臨終時に後悔しまくることになると慌てたのです。予想外に早い死期が訪れ、まだまだ生きていたかったであろう母より長生きすることは私のせめてもの親孝行です。また同い年の友人が病気で逝ったりなど、どのような最期を迎えるかを考えさせられる経験が重なったこともあります。同時に自分は、この世で社会やどなたかに役立つこと、恩返しを何もしていないことにも気づきました。無理を強いては本末転倒なので、いまの自分が出来る範囲で何かお役に立てることは?と探し始めて行き着いたのが、R.A.W.インストラクターでした。これまでレッスンにご参加いただいた方には、深く感謝しています。拙いブログやSNSで見つけてくださった方、ご紹介いただいた方、友人。コンブチャ(紅茶キノコ)やスーパーフードが、日常生活の中で普通に皆さんのパートナーになっていてくれたら、こんなに嬉しいことはありません。それにしてもコンブチャ(紅茶キノコ)が、私にこんなにたくさんのご縁を繋げてくれて、歓びを運んでくれることになるなんて思いもよらなかったことです。コンブチャ(紅茶キノコ)は、私にとって世界へのドアです☺これからも自慢のコンブチャ(紅茶キノコ)とスーパーフードの可能性を、マイペースで多くの方にお伝えしていきます。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。末筆ながら、敬愛している師匠Wooninさん、更新の少ないこのブログを読んでくださっている方、SNSでフォローしてくださっている方、いつも協力・応援をしてくれる家族・友人に心からのありがとうを声を大にして叫びます。最後までお読みいただき、ありがとうございます。